【北京オール・イン・チューニング14】反響は予想以上…テイン、KYBブース担当者[写真蔵]

自動車 ビジネス 海外マーケット
北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
  • 北京 オール イン チューニング 2014
現地時間8月9日から11日まで開催された、北京オール・イン・チューニング2014(AIT)。200平米の会場にチューニングパーツメーカー85社、180台の車両が展示された。

会場にはVW、ブラバス、ABT、レムスなどが出展する他、日本からもテイン、KYBが初めてブースを構えた。日本勢の会場担当者は「予想以上のレスポンス」「初日はオートサロン並みの混み具合だ」「クルマをより分かっている来場者が増えた」などと感想を語った。

AITの主催は雅森国際展示有限公司(YASN)。同社のゼネラルマネージャーであるシェ・ユウ氏は「毎年チューニングカーの注目度が上がっており、今回は初めて自動車メーカー(VW)のスポンサーも獲得することができた。このAITから中国国内にトレンドを発信し、やがては東京オートサロンに肩を並べるショーに育てたい」と展望を述べた。
《阿部哲也》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース