マツダの第1四半期決算…藤本執行役員「スカイアクティブ効果と分析」

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ 藤本哲也 執行役員
  • マツダ 藤本哲也 執行役員
  • マツダ決算会見
  • マツダ 新型 アクセラ
  • マツダ 新型 アクセラ
  • マツダ決算会見
マツダが7月31日に発表した2014年度第1四半期連結営業利益は前年同期比54%増の563億円と2年連続して同四半期の最高益を更新した。藤本哲也執行役員は同日、都内で開いた決算会見で「(低燃費技術)スカイアクティブ効果と我々は分析している」と述べた。

藤本執行役員は「第1四半期は台数車種構成の変化で220億円の営業利益押し上げ要因になった。出荷台数だけみると前年同期比2万4000台増。2万4000台増で220億円の利益というのは通常でない」と指摘。

その上で「『マツダ3』(日本名アクセラ)が従来モデルから新モデルに変わり、台あたり収益が改善した。そこがスカイアクティブ効果と我々は分析している。次は新型『マツダ2』(同デミオ)になる。次の新しいデミオでも台あたり収益の改善を期待している。そうなれば(予想よりも)上乗せで利益が増えないかなと期待している」と話した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • [動画]マツダ デミオ 新型 がアンベール…小飼社長「セグメントの既成概念を打破する」 画像 [動画]マツダ デミオ 新型 がアンベール…小飼社長「セグメントの既成概念を打破する」
  • マツダ デミオ、7年ぶりの新型へ…日本発売は今秋 画像 マツダ デミオ、7年ぶりの新型へ…日本発売は今秋
  • 米10ベストインテリア2014、新型 マツダ アクセラ が選出…日本車で唯一 画像 米10ベストインテリア2014、新型 マツダ アクセラ が選出…日本車で唯一

特集