三菱重工、米オーランド空港向けAPM工事を受注

鉄道 企業動向
三菱重工業は7月16日、米国フロリダ州のオーランド国際空港向けの移動施設として、全自動無人運転車両システム(APM)の建設工事をオーランド空港公団から受注したと発表した。

三菱重工によると、住友商事の協力を得て米国三菱重工(MHIA)を通じて受注。新たに整備する複合交通ターミナルと空港ターミナルを結ぶ約2.3kmの路線新設工事のほか、メインターミナル~サテライトターミナル間約600mを結ぶ既設2路線の置換工事も行う。車両は18両を供給する。

また、営業運転の開始から5年間は、MHIAと住友商事が共同出資するクリスタル・ムーバー・サービス(CMS)が運行・保守(O&M)を行う。O&Mはさらに10年間のオプションも含まれている。

納入完了は2018年の予定。三菱重工の米国向けAPM受注は5件目で、オーランド空港向けは初めてになるという。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ゆりかもめ、新型車両7300系の営業運転開始…両開きドアとロングシート採用 画像 ゆりかもめ、新型車両7300系の営業運転開始…両開きドアとロングシート採用
  • 三菱重工、マカオの軌道系交通システム向け車両48両を追加受注…ゴムタイヤ式全自動無人運転車両 画像 三菱重工、マカオの軌道系交通システム向け車両48両を追加受注…ゴムタイヤ式全自動無人運転車両
  • 三菱重工、シンガポール新交通システムの輸送力増強工事を受注…2両編成に増強 画像 三菱重工、シンガポール新交通システムの輸送力増強工事を受注…2両編成に増強
  • 三菱重工、総合交通システム検証施設を建設…海外向け鉄道システムなどの開発強化 画像 三菱重工、総合交通システム検証施設を建設…海外向け鉄道システムなどの開発強化

特集

おすすめのニュース