常石造船、5万7700MT型ばら積み貨物船「メディ・マニラ」を引き渡し

船舶 企業動向

常石造船、57700MT型ばら積み貨物船TESS58「メディ・マニラ」を引き渡し
  • 常石造船、57700MT型ばら積み貨物船TESS58「メディ・マニラ」を引き渡し
  • 常石造船、57700MT型ばら積み貨物船TESS58「メディ・マニラ」を引き渡し
  • 常石造船、57700MT型ばら積み貨物船TESS58「メディ・マニラ」を引き渡し
常石造船は、中国グループ会社の常石集団(舟山)造船が、5万7700MT型ばら積み貨物船TESS58『MEDI MANILA(メディ・マニラ)』を竣工し、船主の三菱商事に引き渡したと発表した。

船は、常石造船が独自に開発し、30年の歴史を持つロングセラー商品ブランド「TESS」(ツネイシ・エコノミカル・スタンダード・シップ)シリーズのハンディマックスバルカー。2006年の1番船竣工以来、グループ累計で建造151隻目となる。

船はデッキクレーンを搭載するほか、ばら積み貨物に加え、鋼材なども搭載可能な汎用性の高さが特徴。小回りのきくハンディマックスサイズの中でも大型化し、5万8000トンの載貨重量を確保しながらも、波浪抵抗や風圧抵抗を低減する環境デバイスを搭載。燃費を向上させることで運航採算性を高めている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集