【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】“本気”だからこそデザインも一新

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Cクラス 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス 新型
  • メルセデスベンツ・Cクラス
  • メルセデスベンツ Cクラス 新型
  • メルセデスベンツ・Cクラス
  • メルセデスベンツ・Sクラス
  • メルセデスベンツ・Cクラス
  • メルセデスベンツ・Cクラス
  • メルセデスベンツ・Cクラス
メルセデスベンツ『Cクラス』がフルモデルチェンジした。メルセデスの“本気”の表れから、デザインも一新したという。

メルセデス・ベンツ日本 マーケティング部の亀岡徹さんは、「先代Cクラスは日本だけではなく、世界的にもかなり成功したモデルだった」と振り返る。

通常であれば、成功したモデルのデザインを踏襲した方がリスクは少ない。「しかし、メルセデスの発想は、常に新しいもの、あるいはチャレンジすることにある。特に最近はそう感じている」と亀岡さん。そして、「このCクラスもそのチャレンジの表れなのだ」と話す。

その一方で、昨年日本に導入された新型『Sクラス』のデザインランゲージが多く感じられる。この点について亀岡さんは、「“Sensual Purity(官能的な純粋さ)”というメルセデスのデザイン思想を全てのモデルに当てはめる。そのうえで、それぞれのクルマのキャラクターを反映させた結果が、Cクラスであり、Sクラスなのだ」という。

従って、「Sクラスを意識したのではなく、Sクラスも持っている根本的なメルセデスのデザイン哲学をCクラスにも当てはめているので、そこがシンクロしている部分として、(Sクラスと似て)見えているのだろう」と述べる。

Cクラスのキャラクターについて亀岡さんは、「運転する人が感じるアジリティが、最もSクラスとは差別化されている部分だ」と説明。アジリティとはドライバーが感じる俊敏性を指す。

それをデザインに置き換えると、「フロントマスクでは、Sクラスはどっしりというイメージがあるのに対し、Cクラスは、よりシャープな印象を与えているところだ」とその特徴を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集