マレーシア航空、KLIAでエコノミー搭乗手続きを完全セルフ化

マレーシア航空(MAS)は15日から、クアラルンプール国際空港(KLIA)発の便を利用するエコノミークラスの搭乗手続きを完全セルフ化する。

エマージング・マーケット 東南アジア
マレーシア航空(MAS)は15日から、クアラルンプール国際空港(KLIA)発の便を利用するエコノミークラスの搭乗手続きを完全セルフ化する。

乗客は、マレーシア航空のウェブサイトの「MHウェブチェックイン」、モバイル版ウェブサイトの「MHモバイルチェックイン」、モバイル用アプリ「MHモバイル」、KLIA及びエクスプレス・レール・リンク(ERL)のプトラジャヤ駅にある「セルフサービス・チェックイン・キオスク」といった方法のいずれかを選択できる。

国内線はEチケットの番号を入力するだけでチェックインが可能で、国際線ではパスポートと有効なビザが必要となる。カウンターでは預け荷物の預け入れだけを行なう。

ビジネスクラスとファーストクラスはこれまで通りの方式で搭乗手続きができるが、希望すればセルフチェックインもできる。

MASは、チェックインカウンターの混雑の緩和、乗客の待ち時間の短縮につながるとコメント。また自動荷物預かり所などの導入を進めていることした上で、さらに待ち時間を短縮できるようになると期待を示した。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

  • チャンギ国際空港、セルフ・チェックイン・サービスの導入試験を実施 画像 チャンギ国際空港、セルフ・チェックイン・サービスの導入試験を実施
  • KLIAの長期駐車場、シャトルバスの運行を開始 画像 KLIAの長期駐車場、シャトルバスの運行を開始
  • 【マレーシア】新格安航空ターミナル、開業わずか2週間で誘導路が沈下 画像 【マレーシア】新格安航空ターミナル、開業わずか2週間で誘導路が沈下
  • 格安航空新ターミナル、2日にオープン…マレーシア 画像 格安航空新ターミナル、2日にオープン…マレーシア