ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ、学生から未来の自動車テクノロジーを募集

自動車 ビジネス 企業動向
ヴァレオ・研究開発センター
  • ヴァレオ・研究開発センター
ヴァレオは今秋、エンジニアリング分野を学ぶ世界の学生向けコンテスト「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ」第2回を開始する。優勝チームには賞金10万ユーロ(約1400万円)が授与される。

ヴァレオは同コンテストで世界の若いエンジニアに、2030年の自動車をよりインテリジェントで直観的にする装備を考えてもらうことで、自動車のイノベーションに自ら関わる機会を提供する。今年のコンテストの募集要項と応募条件の詳細は2014年のパリモーターショーで発表する。

コンテストでは、学生たちが2人から5人のメンバーでチームを組み、革新的で斬新なプロジェクトを発案して英語で応募。この中から優秀とみなされた20組は、モックアップやモデル、ソフトウェアのシミュレーションなど自らが選んだ形式でモデルを作成する。アイデアを具体化し、デモ用の展示物を作成する費用として、各チームには5000ユーロ(約70万円)提供される。

最終選考に残った3チームには、2015年フランクフルトモーターショーの会場で、プロジェクトを審査員に発表。審査員は、ヴァレオグループのジャック・アシェンブロワCEOを議長とし、外部の専門家を含むメンバーで構成。優勝チームには、賞金として10万ユーロが贈られる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集