【釜山モーターショー14】キャデラック、韓国輸入車市場で10%のシェア目指す

自動車 ビジネス 海外マーケット

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックは5月29日、韓国で開幕した釜山モーターショー14において、韓国での長期的な成長戦略を発表した。

新型車に関しては、GMの韓国法人、GMコレアが、新型キャデラック『CTS』を韓国市場へ導入。さらに2014年後半には、キャデラックの新型車をもう1車種、韓国に投入する。

また、販売ネットワークも強化。キャデラックの韓国における販売店は、現在、ソウルや釜山など3か所。これをシボレー店との複合店舗を展開するなどして、販売拠点を拡大していく。

キャデラックが目指すのは、韓国輸入車市場でのシェア10%獲得。この10%は、現在の韓国でのドイツ車にシェアに相当する。今後10年間に、新商品の投入とディーラーネットワークの強化により、10%のシェアを狙う。

GMコレアのセルジオ・ロチャ社長兼CEOは、「目標は、車種ラインナップと販売ネットワークのアグレッシブな拡大を通じて、韓国でのキャデラックの認知度と競争力を引き上げること」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集