ナジブ首相が6日間の訪中、馬・中国交40周年で

エマージング・マーケット 東南アジア

ナジブ首相が6日間の訪中、馬・中国交40周年で(写真は29日)
  • ナジブ首相が6日間の訪中、馬・中国交40周年で(写真は29日)
  • ナジブ首相が6日間の訪中、馬・中国交40周年で(写真は29日)
  • ナジブ首相が6日間の訪中、馬・中国交40周年で(写真は29日)
ナジブ・ラザク首相率いるマレーシア政府代表団が、馬・中国交樹立40周年にちなんで27日から6日間の日程で中国を訪問している。

最初の訪問地の陝西省西安に着いたナジブ首相は、西安がマレーシアのハラル(イスラムの戒律に則った)製品を中国で売り込んでいくための玄関口になるとの認識を示した。西安市には14万人のイスラム教徒が居住しているが、周辺地域には120万人のイスラム教徒が住んでいる。

同行したイスマイル・サブリ・ヤアコブ農業農業関係産業相は、27日に開幕した「西安ハラル食品フェア」に出席。2012年に900万リンギだった成約額が2013年に1500万リンギとなったことに触れ、今年は2000万リンギが期待できるとした。2012年にわずか15社だったマレーシアの参加企業数は昨年30社に増え、今年はさらに35社に増加している。

ナジブ首相らは27日に西安市郊外の兵馬俑博物館や地元のイスラム寺院、西安清真大寺などを参観した後、北京に向けて出発。ペラ州スルタン、アズラン・ムヒブディン・シャー殿下の死去を受けて急ぎ帰国したが、29日の葬儀の後に北京に戻り、30日には習近平国家主席と会談する予定。31日には国交樹立40周年記念行事やマレーシア・中国経済サミットに出席する。

ナジブ首相の訪中には、ヒシャムディン・フセイン国防相(運輸相代行)、ムスタパ・モハメド通産相、アニファ・アマン外相、ナズリ・アジズ観光相、イドリス・ジュソー第2教育相、ダグラス・ウガー農園・一次産業相、イーウォン・エビン科学技術革新相、イスマイル農相の8閣僚が随行している。
(ラクヤット・ポスト、5月28日)
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品