ジャパンマリン、最新鋭VLCCシリーズ一番船「エネオスオーシャン」引渡し

船舶 企業動向

エネオスオーシャン
  • エネオスオーシャン
ジャパンマリンユナイテッドは、5月29日(木)、呉事業所(広島県呉市)にて建造していたJXオーシャン向けの省エネ型VLCC「ENEOS OCEAN(エネオス オーシャン)」を引渡した。

本船は、国内の港湾規制緩和を考慮し、全長を長くするとともに、最新の解析技術を用いて最適な船体形状を追求した同社の最新鋭VLCCシリーズの一番船。

また、船尾に同社が独自開発した各種省エネデバイスを装備し、主機関には、IMO NOx二次規制をクリアした最新鋭の電子制御エンジンを採用するなど、経済性と環境保護を考慮したエコシップだという。

本船の主要寸法は、全長339.50m×幅60.00m×深さ28.50m×喫水21.091m、載貨重量は31万2181t、総トン数は15万9579t、主機関はMAN B&W 7G80ME-C9.2型、航海速力は15.5ノット、定員は36名、船級はNK級、船籍は日本となっている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集