【プロ・モトクロス選手権 第1戦】ダンジー、450クラスのオープニングで勝利を飾る

モーターサイクル エンタメ・イベント

450クラスのモト2で1位となったライアン・ダンジー
  • 450クラスのモト2で1位となったライアン・ダンジー
  • 450クラスモト1でホールショットを奪ったジョシュ・グラント
  • 450クラスのモト2でトップを競り合うダンジーとロクゼン
  • 450クラスのモトスコアで3位となったトレイ・カナード
  • 450クラスの表彰台(左からトレイ・カナード、ライアン・ダンジー、ケン・ロクゼン)
2014年シーズンのプロ・モトクロスの開幕戦がカリフォルニア州サンベルナルディノのグレン・ヘレンで行われた。集まったファンは2万7000人。450クラスではレッドブルKTMのライアン・ダンジーが3-1のモト・スコアで初戦の勝利を獲得した。

450クラスのモト1のレースではトヨタ/JGRMX/ヤマハのジョシュ・グラントがホールショットを奪い、最後までリードを守り切り、1位でフィニッシュ。そして2位にはダンジーのチームメイトであるケン・ロクゼン、3位にはダンジーが入賞することとなった。

そしてモト2ではロクゼンが好調を維持してホールショットを奪ったが、わずかにいくつかのコーナーを残したところでダンジーがトップを奪い、1位でフィニッシュすることとなった。3-1モト・スコアは彼の勝利を十分なものにした。

「今日のライディングはハッピーだったよ。僕は毎週努力して、前進を続けたいと思っている。サクラメントに向けて100%集中しているので、できるだけ良い状態でライドするだけだね」と勝利したダンジーは語った。

なお、プロ・モトクロスの第2ラウンドは、5月31日にカリフォルニア州サクラメントにてゴープロ・ハングタウン・モトクロス・クラシックが行われる予定である。

450クラス(モト・フィニッシュ)

1. ライアン・ダンジー/KTM(3-1)
2. ケン・ロクゼン/KTM(2-2)
3. トレイ・カナード/ホンダ(7-3)
4. ブレット・メトカルフェ/カワサキ(4-5)
5. ジョシュ・グラント/ヤマハ(1-15)

450クラス・チャンピオンシップスタンディングス

1. ライアン・ダンジー/KTM ‐ 45
2. ケン・ロクゼン/KTM ‐ 44
3. トレイ・カナード/ホンダ ‐ 34
4. ブレット・メトカルフェ/カワサキ ‐ 34
5. ジョシュ・グラント/ヤマハ ‐ 31
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集