トヨタ、リハビリ用パートナーロボットの臨床研究モデルを開発…今秋より医療機関へ導入開始

自動車 ビジネス 企業動向

歩行練習アシスト
  • 歩行練習アシスト
  • 歩行練習アシスト(脚部装着部分)
  • バランス練習アシスト
  • バランス練習アシスト(搭乗部分)
トヨタ自動車は、2011年に発表した「介護・医療支援」領域のパートナーロボットである「歩行練習アシスト」と「バランス練習アシスト」を改良し、病気やケガなどで歩行やバランス確保が不自由な人のリハビリテーション支援を目的とした臨床研究モデルを開発した。

今回開発した臨床研究モデルは、2007年末から藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)と共同開発。2011年より医療機関の協力のもと実証実験を行い、運動学習理論に基づいたトレーニング機能の適正化や、ロボットの装着方法を簡易化するなどの改良を施し、リハビリテーション現場での使い勝手を大幅に向上させている。

トヨタは、「すべての人に移動の自由を」という考え方のもと、「歩行練習アシスト」と「バランス練習アシスト」の早期実用化を目指しており、2014年秋より臨床研究モデルをそれぞれ20拠点の医療機関に有償で提供し、今後の臨床研究に活用してもらう方針。

なお、今回開発した臨床研究モデルは、6月5日から7日まで、名古屋国際会議場で開催される「第51回日本リハビリテーション医学会学術集会」への出展を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集