イスラム団体、対英キャドバリー聖戦呼び掛け…チョコからブタDNA検出で

エマージング・マーケット 東南アジア

英キャドバリー製のハラル(イスラムの戒律に則った)認証付きチョコレート2種にブタDNAが含まれていたことがわかった事件で、20あまりのマレー・ムスリム団体が27日、連名でキャドバリー製品のボイコットを訴えた。

ボイコット呼びかけに名前を連ねているのは、▽マレーシア・ムスリム消費者協会(PPIM)▽マレー人権利主義団体のペルカサ▽マレーシア・ムスリム連帯(ISMA)▽ハラル・ムスリム起業家協会(PUHM)--など。マレーシアのムスリムを弱体化させる試みだと主張し、キャドバリーに対して聖戦(ジハード)を行う必要があると述べた。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品