【全日本ロード 第3戦】ホンダ、高橋巧が2連勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

高橋巧(ホンダ)
  • 高橋巧(ホンダ)
  • 高橋巧(ホンダ)
  • 高橋巧(ホンダ)
  • 高橋巧(ホンダ)
  • 高橋巧(ホンダ)
  • 高橋巧(ホンダ)
  • 高橋巧(ホンダ)
  • 高橋巧(ホンダ)
MFJ全日本ロードレース選手権第3戦が5月25日、ツインリンクもてぎで開催され、JSB1000は高橋巧が2大会連続の優勝を飾った。

JSB1000の予選はノックアウト方式で行われ、2010年に秋吉耕佑(ホンダ)が記録したコースレコードタイムを更新した高橋巧(ホンダ)が、ポールポジションを獲得。2番手が中須賀克行(ヤマハ)、3番手が津田拓也(スズキ)となった。

決勝レース、高橋巧はスタートで遅れ、一方の山口は絶妙のスタートで3番手につける。トップに立ったのは中須賀。追いついた柳川明(カワサキ)がトップを奪うが、4コーナーで中須賀が再び前に出て、柳川、山口辰也(ホンダ)、津田、高橋巧、渡辺一樹(カワサキ)がトップ集団を形成する。

3周目で津田がオーバーラン、トップ集団は5台となる。4ラップ目、高橋巧はV字コーナーで山口を捕らえて3番手に浮上、8周目には2番手となり、中須賀を追う。9ラップ目、津田が3番手にポジションを上げ、柳川、山口が追う展開に。トップ争いは、中須賀と高橋巧の2台に絞られた。

14ラップ目のV字コーナーで、高橋巧は中須賀を捕らえて首位に立つ。しかし、15ラップ目の5コーナーでは、中須賀が高橋巧のインに入りトップを奪還。16ラップ目でも、各コーナーで抜きつ抜かれつの息詰まる戦いとなったが、最後は高橋巧が中須賀を突き放し、チェッカーを受けた。高橋巧にとってJSB1000での連勝は初めて。通算5勝目を挙げた。

■全日本ロード 第2戦(JSB1000)
1位:高橋巧(ホンダ)
2位:中須賀克行(ヤマハ)
3位:津田拓也(スズキ)
4位:柳川明(カワサキ)
5位:山口辰也(ホンダ)
6位:野左根航汰(ヤマハ)

■ポイントスタンディング
1位:高橋巧(ホンダ)72P
2位:中須賀克行(ヤマハ)69P
3位:津田拓也(スズキ)52P
4位:渡辺一樹(カワサキ)51P
5位:柳川明(カワサキ)50P
6位:山口辰也(ホンダ)46P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集