H-IIAロケット24号機 陸域観測技術衛星『だいち2号』と相乗り超小型衛星4機打ち上げに成功

宇宙 テクノロジー

H-IIAロケット24号機 陸域観測技術衛星『だいち2号』と相乗り超小型衛星4機打ち上げに成功
  • H-IIAロケット24号機 陸域観測技術衛星『だいち2号』と相乗り超小型衛星4機打ち上げに成功
  • H-IIAロケット24号機 陸域観測技術衛星『だいち2号』と相乗り超小型衛星4機打ち上げに成功
  • H-IIAロケット24号機 陸域観測技術衛星『だいち2号』と相乗り超小型衛星4機打ち上げに成功
  • H-IIAロケット24号機 陸域観測技術衛星『だいち2号』と相乗り超小型衛星4機打ち上げに成功
  • H-IIAロケット24号機 陸域観測技術衛星『だいち2号』と相乗り超小型衛星4機打ち上げに成功
2014年5月24日、JAXA 宇宙航空研究開発機構が開発した陸域観測技術衛星2号『だいち2号(ALOS-2』を搭載したH-IIAロケット24号機は、種子島宇宙センターから予定時刻の12時5分14秒に打ち上げられた。

だいち2号は、打ち上げから15分47秒後にH-IIAロケット第2段から分離。予測値は15分42秒で、ほぼ予測通りの衛星分離となった。H-IIAロケットによる予定日時の打ち上げ達成は6回連続して達成されている。打ち上げ後の記者会見で、JAXA ALOS-2プロジェクトチームの鈴木新一プロジェクトマネージャは、衛星の太陽電池パネル展開は正常に進行し、太陽面を向いて予定通りに飛行していることを確認したと述べた。

今後、24時間ほどかけてメインの観測機器であるLバンド合成開口レーダーのアンテナ展開を行う。アンテナは5面に分かれて折りたたまれた状態となっており、衛星本体からの起こした状態で前後に2面ずつ展開する3段階にわけて展開される。アンテナ展開が確認されれば、打ち上げ初期の重要な段階は成功となる。

だいち2号の分離後、H-IIA24号機に相乗りした超小型衛星、日本大学「SPROUT」、東北大学「RISING-2」、和歌山大学「UNIFORM-1」、株式会社エイ・イー・エス「SOCRATES」が順次分離された。4機のうち3機はカメラで分離するところが捉えられた。4機とも分離直後に地上局との交信に成功し、打ち上げの成功が確認された。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集