別れ話もつれクルマを男性にぶつける、女を殺人未遂で逮捕

自動車 社会 社会

20日午前5時40分ごろ、大阪府東大阪市内の市道を歩いていた23歳の男性に対し、後ろから進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。男性は軽傷。警察は別れ話のもつれから、故意に衝突させたとみて、クルマを運転していた26歳の女を殺人未遂容疑で逮捕している。

大阪府警・枚岡署によると、現場は東大阪市上六万寺町付近。殺人未遂容疑で逮捕された滋賀県日野町内に在住する26歳の女は、口論の末にクルマを降りて立ち去った交際相手の23歳男性に対し、背後からクルマを故意に衝突させた疑いがもたれている。男性はクルマの直撃を受け、両足を打撲するなどの軽傷を負った。

2人は直前まで車内で別れ話をしており、立ち去ろうとした男性に対し、女は「殺すぞ」などと叫びながらクルマを衝突させていた。こうした経緯から警察は「未必の殺意が生じていた」と判断。殺人未遂容疑で女を逮捕している。

2人は以前にも車内で激しい口論を行っていたことがあり、通報を受けた警察が出動することもあった。聴取に対して女は「殺すつもりはなかった」などと供述しており、警察は男性からも事情を聞き、事件に至った経緯を詳しく調べる方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集