東洋ゴム、震災復興プロジェクト「千年希望の丘 植樹祭」に協賛

自動車 ビジネス 企業動向

昨年の植樹祭
  • 昨年の植樹祭
東洋ゴム工業は5月21日、宮城県岩沼市が主催する「第2回千年希望の丘植樹祭2014」に昨年に引き続き協賛、同社社員が植樹に参加すると発表した。

「千年希望の丘」は、岩沼市がクロマツの防潮林があった海岸線一帯に、震災によって発生したガレキ(再生資材)を活用して小高い丘を造り、津波の威力を減衰・分散させる震災復興プロジェクト。今年行われる「第2回千年希望の丘植樹祭2014」は、築造した丘を結ぶ園路(全長1.4km)にタブノキやヤマザクラなど20種類の苗木約7万本を植樹し、相野釜地区(仙台空港東側)の丘を完成させるものだ。

同社は、岩沼市に国内の自動車用タイヤ主力製造拠点として、仙台工場をおき事業を行っている。地元企業として、この植樹祭の趣旨に賛同するとともに、仙台工場に勤務する従業員約180名とその家族が植樹に参加する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集