アバルトデイズ開催…沼津がサソリマークで埋め尽くされた日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

アバルト・シムカ2000コルサ
  • アバルト・シムカ2000コルサ
  • アバルト・50thアニバーサリー・モデル
  • アバルトデイズ開催
  • フィアット・アバルトOT1300
  • フィアット・アバルト1000ビアルベーロ・ロングノーズ
  • フィアット・アバルト1000TCR
  • フィアット・アバルト695SS
  • アバルトプント
5月17日から18日にかけて、ニューウェルサンピア沼津(静岡県沼津市)を基点にアバルトデイズが開催された。主催はチンクエチェント博物館。

5回目を迎えるこのイベントは、新旧アバルトと、アバルトが開発に関わったクルマが参加資格を持っており、今回も多くのクルマが会場に集合した。

初日は、150kmほどのドライブラリーがメインだ。コースは地元のアバルトマニアが設定しただけあり、素晴らしいワインディングロードと景色が満喫できるもので、参加者からも走り甲斐があると好評だった。また、コース途中でクイズなどが用意されたほか、スタートからゴールまでの時間を計測。主催者があらかじめ用意したシークレットタイムにどれだけ近くゴールできるかという、単に走るだけではない、遊び心満載の1日だった。

2日目は、芝生にクルマを並べてのんびりとしたアバルトミーティングだ。ダンス等のパフォーマンスやビンゴ大会などが行われたほか、全世界で299台、日本には50台が限定で販売される、アバルト『50thアニバーサリー・モデル』がサプライズ公開され、インポーターの全面的なバックアップが伺えた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集