ZMP、伊ベンチャー企業とステレオビジョンシステムのマーケティングで協業

自動車 テクノロジー 安全

ZMPは5月21日、伊VisLab社が開発したステレオビジョンシステムの日本におけるマーケティングで協業を開始すると発表した。

VisLab社は、イタリア・パルマ大学Alberto Broggi教授率いるベンチャーで、自動車分野のための画像認識アルゴリズムおよびインテリジェントシステムの研究開発を行っている。マシンビジョン、パターン認識、機械学習、人工知能、ロボット工学およびリアルタイムシステムといった分野での研究をベースに、車線検知、車両・歩行者検出、障害物検知などの技術を有し、2010年にはパルマから上海までを自動運転車両で走行した実績もある。

VisLab社の「3DV Stereo System」は、2つのカメラから3次元空間を再構築するステレオカメラシステム。リアルタイムで高精細な三次元情報(最大300万点/秒のポイントクラウド)を提供するほか、環境認識、障害物の検出・追跡、地形・斜面の推定などが可能で、自動運転車両や先進安全運転システムの画像認識システムとして利用できる。

一方、ZMPは日本国内で自動運転の研究用車両プラットフォーム「RoboCarシリーズ」を2009年より開発し、累計500台の販売実績を重ねてきた。2012年より乗用車トヨタプリウスをベース車両とした「RoboCar HV」を販売しており、2013年のITS世界会議、東京モーターショーにて自動運転のデモを一般公開し、一般市民の試乗体験を実施している。

今回両社は、自動運転分野での研究開発および実用化促進のため、VisLab社の持つ画像認識技術の日本におけるマーケティングを開始する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集