日本人のロングステイ希望先、マレーシアが8年連続1位に

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
  • マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
日本のロングステイ財団は、日本人のロングステイの希望先でマレーシアが8年連続で1位になったと発表した。

調査は昨年4月から今年3月までの間に、ロングステイ財団主催のイベントやセミナーの参加者を対象としたアンケートを集計したもの。2位はタイ、3位はハワイ、4位はオーストラリア、5位はニュージーランドとなった。

東南アジアからは、フィリピンが6位、シンガポールが7位、インドネシアが10位に入った。

ロングステイ財団は声明で、マレーシアは8年連続1位と安定した人気を保っているが、ここ数年他のアジア地域の人気も高まりつつあるとした。2006年度には、トップ10にマレーシア、タイ、フィリピン3カ国のみランクインしたが、2013年には5カ国がランクインした。

ロングステイ財団は2013年度、合計126回のイベントやセミナーを行い、延べ2万2237人が参加した。アンケートの有効回答数は3956枚。調査結果をまとめた「ロングステイ調査統計2014」を9月に発売する。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品