バニラ・エア、パイロット不足で6月に154便を運休へ

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)系のLCC(格安航空会社)のバニラエアは、6月の運航計画に必要な運航乗務員(機長)数を確保できなくなったため、運航計画を見直し、月間154便を欠航すると発表した。

7月以降は、運航計画に必要な機長数を確保できることから計画通り運航するとしている。

同じくANA系のLCCであるピーチ・アビエーションも、機長不足のため、5~6月に448便を欠航、7月~10月に最大1624便を欠航する予定で、パイロット不足が深刻化している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集