【人とくるまのテクノロジー14】デンソー、世界初の気流誘導高着火スパークプラグなど出展

自動車 ビジネス 企業動向

デンソーは、5月21日~23日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2014」に出展する。

同社の出展内容は、環境および安心・安全に関する製品・技術を中心に、同社の技術力を幅広く紹介するという。

環境分野に関しては、世界初の「気流誘導高着火スパークプラグ」「EGRバルブユニット」や、「新型エアコンユニット」の3製品を出展する。また、現在開発中の「高出力小型インバーターモジュール」を出展する。

気流誘導高着火スパークプラグは、誘導板によって中心電極周りへ混合気流を誘導することで放電の伸びを拡大させ、より安定した着火性を実現して、燃費を改善できる。

EGRバルブユニットは、世界で初めて吸気絞りバルブ(弁)とEGRバルブを一体化し、従来と比べ、体積を半分に低減するとともに、構成部品数を削減しコスト低減を実現した。

新型エアコンユニットは、従来は、車種ごとにサイズや構造などが異なっていたところ、構成部品の共通化を進めつつ、要求される性能を実現できる構造とし、小型車から高級車まで共通して搭載できる。

小型インバーターモジュールには、新開発の炭化ケイ素(SiC)を用いたSiCパワーデバイスを搭載しており、素子内部の低抵抗の実現により、発熱量を従来と比べ低くおさえ、発熱によるエネルギーの損失を低減することに成功した。これによって、小型インバーターモジュールは、100kW/Lという単位体積あたり世界最高水準(同社調べ)の出力が可能になった。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集