IHI、小型・大容量の3段圧縮方式オイルフリーターボコンプレッサーを開発

船舶 企業動向

IHIは、3段圧縮方式オイルフリーターボコンプレッサー「T3シリーズ」を開発し、6月2日から販売開始すると発表した。

同社では、主電動機出力375kW~950kWの機種として「TREシリーズ」、900kW~1800kWの機種として「TRXシリーズ」を販売し、国内外の顧客に高効率ターボコンプレッサーを提供してきた。今回この2機種の中間領域である750kW~1320kW(吐出圧力=0.69MPaG仕様)までの領域について、省スペース性とメンテナンス性、省エネ性向上を実現したT3シリーズを開発した。

IHIのターボコンプレッサーは、主電動機出力75~1800kWと、幅広いラインナップを取り揃えているが、新機種の市場投入により、IHIターボコンプレッサーのラインナップを8機種に拡充する。

T3シリーズは、IHI独自開発の新型インペラや新型軸受の採用により、「TREシリーズ」とほぼ同じサイズでありながら、吐出最大空気量約24%増を可能にし、小型化と大容量化に成功した。また、最高吐出圧力は1.5MPaGと、対応圧力範囲を最大0.3MPaG拡張し、顧客の様々な空気需要に合わせた、より幅広い最適な運用が可能となる。

「TRXシリーズ」ではアフタークーラをコンプレッサー機外に別置きとしていたが、新機種ではアフタークーラを内蔵したことにより、TRXシリーズと比較して約45%の省スペース化を実現した。

コンプレッサーは、エアシリンダ、ロボットなど各種産業用機械の駆動源や、エアブラストなど、様々な工場に必要不可欠なユーティリティー設備で、空気需要に応じて連続、安定した運転が求められる。

新機種は、これまで現地では取り外しのできなかったインペラを容易に取り外せる着脱式にするなど、従来機と比べてメンテナンス性についても改良を図った。使いやすさを追求するため、新型のタッチパネル制御盤を標準搭載して、操作性・視認性の向上とともに、機能の充実を図った。

想定実勢販売価格は3500万円(1320kWクラス)で、年間40台の販売を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集