シボレーのフルサイズSUV、米国販売が好調…市場シェアは50%

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型シボレー タホ
  • 新型シボレー タホ
  • 新型シボレー  サバーバン
  • 新型シボレー  サバーバン
  • 新型シボレー  サバーバン
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが米国市場で発売しているフルサイズSUVの2車。2014年初頭の新型投入により、両車の販売が、好調に推移している。

シボレーの5月7日の発表によると、新型『タホ』と『サバーバン』の4月販売は、タホが前年同月比108.4%増、サバーバンが109.8%増と大きく増加。販売店の在庫車も、タホは平均17日、サバーバンは平均10日で売れる状態だという。

シボレーは1935年、初代サバーバンでSUVセグメントを創出。以来、フルサイズSUVセグメントでシェア1位を維持する。シボレーは、「現在、米国フルサイズSUVセグメントにおけるシボレーのシェアは、およそ50%」と自信を示す。

新型タホは標準ボディ、新型サバーバンはロングボディ。新型では、2列目シートの足元の空間が、先代比でおよそ50mm広がった。2列目と3列目シートは、簡単な操作で格納でき、荷物スペースを拡大。パワーホールド機能も用意されている。

また、新型の特徴が、「エコテック3」と呼ばれる直噴5.3リットルV型8気筒ガソリンエンジンの搭載。低負荷走行時に、一部シリンダーを止める気筒休止システムを採用。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地が16マイル/ガロン(約6.8km/リットル)、高速が23マイル/ガロン(約9.8km/リットル)。先代比で、市街地燃費は約7%、高速燃費は約10%向上させた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集