NTTコム、タイの新拠点の開設を発表…自動車産業集積地シラチャ市のサービス向上へ

エマージング・マーケット 東南アジア

メコンエリアおよびバンコク周辺におけるNTTコムの主要拠点
  • メコンエリアおよびバンコク周辺におけるNTTコムの主要拠点
NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、タイの工業団地で事業を行う日系企業および多国籍企業へICTソリューションサービスを提供するため、2014年5月26日に現地会社の支店を、チョンブリ県シラチャ市に開設する。

本支店は現地会社のNTT Communications(Thailand)のタイ国内5つ目の拠点になり、これによりNTTコムは39カ国/地域、103都市に拠点を展開することになる。

今回のタイでの新拠点開設の.背景は、シラチャ市はバンコク南東部約110kmに位置し、自動車および関連産業が進出する工業地域として発展してきた。現在、自動車、電機、金属、石油化学など製造業を中心に、日系を含む多国籍企業700社以上がこの地域に集積している点だ。

また2010年バンコク騒乱発生地、2011年の大規模洪水被害地域、バンコク市内の反政府デモ騒動発生地などから離れて位置し影響が少なかった点でも、本地域は注目されている。

シラチャ市に新拠点を設立することで、自動車産業が集積する、タイ国内最大級の規模を誇るイースタンシーボード工業団地やアマタシティ工業団地など、近隣の工業団地へ1時間以内でアクセスすることが可能になり、エンジニア派遣を迅速に行うなど現地での手厚いお客さまサポートを実現したい、としている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース