ホンダ、東京でインドの2輪ディーラー大会を開催

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは5月13日に都内のホテルでインドの2輪車ディーラー大会を開き、伊東孝伸社長や担当役員らが現地ディーラー首脳と今後の事業拡大に向けた協力を確認し合った。

大会にはディーラー経営者ら約900人が出席し、インド国内5地域の代表が販売強化などの方針を表明した。ホンダは2010年にインドのヒーローグループとの合弁を解消、全額出資のHMSI(ホンダ・モーターサイクル&スクーター・インディア)のみによる事業展開を進めてきた。

かつては合弁を含む2社で6割近いシェアをもっていたが、解消時はHMSIのみの10%強まで低下した。その後の事業拡大で、2013年度には356万台(前年比37%増)を販売、シェアも23.9%に伸ばして2位に浮上している。現有の3工場(フル生産能力年460万台)に加え、15年度後半には120万台の能力をもつ第4工場も稼働させる計画。

同日、都内で記者団と懇談したHSMIの村松慶太社長は「今年度は440万台規模を目指す。早期に現在の3工場のフル生産状況にもっていきたい」と話した。また大会の席上、伊東社長は「早期にナンバーワンになりましょう」と呼びかけた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集