インドの砂糖生産量は2480万トンになる見込み

エマージング・マーケット インド・南アジア

アメリカ農業省が、インドにおける今期の砂糖の生産量は、インド製糖業者協会(ISMA)の予測した2830万トンを下回る2480万トンになると発表した。エコノミックタイムスが報じた。

昨年10月から今年9月までの生産シーズンにおいて、今年の4月15日までの時点で既にインドでは2315万トンの砂糖が生産されている。

インドは世界第二位の砂糖生産国であり、消費においては世界一位であるが、サトウキビの生産量が増加していることと、モンスーンによる被害からの復旧率が上がっていることから、生産量の増加が期待されている。

ただし、マハーラーシュトラ州やウッタル・プラデーシュ州といった主要な州での生産量が落ちていることから、昨年の2510万トンには届かないとの予想だ。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品