コスモ石油、新車を比較して選べる「スマートビークルショップ」を全国展開へ

自動車 ビジネス 企業動向

コスモ石油は、カーライフサポート強化を目的に、新たに「スマートビークルショップ」を展開すると発表。その1号店を5月1日に山形県天童市大字芳賀にあるコスモイオンモール天童SS(サービスステーション)にオープンした。

「スマートビークルショップ」は、「新車を比べて選べる」をコンセプトに、「手軽」、「気軽」、「身軽」なカーライフを、サービスステーションで提供する新しい業態。給油に加え、国産全メーカー全車種を取り揃えて、リースや購入、保険、車検、メンテナンス、売却までをワンストップで提供する。

「ビークルリース」のメインターゲットである女性やシニアの顧客をターゲットに、「手軽」、「気軽」、「身軽」なカーライフを提供していくとしている。

店内には国産全メーカーの人気の高いモデルのカタログを用意する。人気ランキングや価格情報など、豊富な情報を提供する。車種によっては試乗が可能(事前予約が必要)。

また、「マイカーコスト診断」で、顧客に最適な購入時期を診断するほか、カーライフに関する要望に対応する「カーライフコンシェルジュ」が予算や、ライフスタイルに合った購入方法をアドバイスする。

今後、コスモ石油ではこの「スマートビークルショップ」を全国展開していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集