函館市企業局、「路面電車の日」記念して市電運転体験会

鉄道 行政

函館市企業局交通部は6月15日、「市電運転体験会」を駒場車庫で開催する。「路面電車の日」(6月10日)を記念したイベントで、参加者に函館市電8000形の運転を体験してもらう。

当日の開催時刻は第1部が9~12時、第2部が13~16時。まず事前講習として500形の2代目501号「AMUSEMENT TRAM」に乗車し、本線路上の信号や分岐器(ポイント)、運転操作を見学。続いてDVD映像などを使った機器取り扱い・運転操作の教習を受ける。その後、運転実習室で模擬運転台による操作教習、指導運転士による見本運転を経て、8000形を使った指導運転士付きの運転体験を実施。駒場車庫構内の約100mを3回運転する。

参加者には、運転した車号と参加回数を記載した顔写真入りの運転体験証明書と運転体験説明書、記念文字入りの乗務用白手袋などをプレゼントする。また、今回で5回目の参加となる人には「運転士見習」と記載した名刺を発行。既に5回以上参加している人は運転実習室での講習を免除するとともに、実車の運転回数を3回から5回に変更する。あわせて技能試験も実施する。

参加できるのは自分で運転台に座ることができる中学生以上で、各回15人まで。応募は函館市企業局交通部ウェブサイトの専用フォームで受け付ける。参加費は一人5000円、応募期間は5月30日まで。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集