ジャパン・マリンユナイテッド、次世代省エネ型バルクキャリア「ケープ・ミドリ」を引き渡し

船舶 企業動向

ジャパン・マリンユナイテッドは、有明事業所(熊本県玉名郡長洲町)で建造していたスコーピオ・ライン・シッピング向け次世代省エネ型バルクキャリア(G209BC)「ケープ・ミドリ」を引き渡した。

新造した船は、鉄鉱石、石炭の太平洋トレード用のケープサイズバルカーとしてヒット商品となった20万5000DWT型船の後続船型で、載荷容量を増大させ、GHG25%削減を目標に開発されたGシリーズの20万9000DWTバルクキャリア。

低風圧居住区による風圧抵抗の削減や、低摩擦塗料による摩擦抵抗の削減、補機インバーター化、LED照明の採用による省電力化によりGHG削減、燃費性能の向上を徹底的に追求した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集