ダットサン、GO+パンチャ をインドネシアで発売開始…ファミリー向け3列MPV

自動車 ビジネス 海外マーケット

ダットサン GO+
  • ダットサン GO+
  • ダットサン GO+(ジャカルタモーターショー13)
ダットサンは5月8日、インドネシア市場向けの第1弾モデル『GO+』の受注を開始した。納車は6月の予定。

GO+の生産は、インドネシア・西ジャワ州プルワカルタの新工場で開始。新工場は、インドネシア向けダットサン車両の生産専用工場で、6万平米の敷地にエンジン、車体、塗装、組立工場を持つ。

インドネシア日産は、新工場での生産開始式典において、インドネシア政府より低価格グリーンカープログラム(LCGC)の認可を取得したことも発表。同プログラムの要件に従い、ダットサンブランドの正式名称はダットサン ヌサンタラ(Datsun Nusantara)、新モデルの正式名称はダットサン「GO+ Panca(ゴープラス パンチャ)」となる。

今回販売を開始したファミリー向けの3列MPV「GO+ Panca」は、68馬力の1.2リッターエンジンと5速マニュアルトランスミッションを搭載。価格は8500万~1億300万インドネシアルピア(約74万円~90万円)で、ボディカラーは全5色。当初は39店舗のディーラーでの販売し、今年度末までには全国95店舗で販売する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集