日立オートモティブシステムズ、メキシコで自動車機器システムの新工場建設を開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

日立オートモティブシステムズのメキシコでのグループ会社のひとつである日立オートモティブシステムズ メヒコは、同国メキシコ州レルマ市にて、自動車機器システムを製造する新工場の建設を開始した。

メキシコは、中南米を含む米州全域向けの自動車製造拠点として発展を続けており、 海外自動車メーカーの工場進出が増加している。これに応じて自動車機器システムメーカーも、メキシコへの進出が活発になっている。

今回の新工場建設は、今後メキシコで増加する自動車生産へ対応するとともに、米州全域の自動車メーカーへの供給を一層強化するために、日立オートモティブシステムズ メヒコとしてはメキシコ国内で3番目、日立オートモティブシステムズ・グループとしては5番目の新工場を設立する。

新工場の建設のため、日立オートモティブシステムズ メヒコは、メキシコ州レルマ市内に約18万平方mの敷地を確保するとともに、2015年5月より自動車部品のピストンおよびアルミダイキャストの製造を開始し、以降、生産品目を拡大していく予定。

新工場は、日立オートモティブシステムズ メヒコ 第3工場で、所在地がメキシコ州レルマ、製造する製品は、自動車用のピストンおよびアルミダイキャスト部品で、生産品目は順次拡大する予定だという。新工場の生産開始は2015年5月を予定している。

メキシコ国内の日立オートモティブシステムズ・グループは、日立オートモティブ システムズ メヒコ、日立オートモティブ システムズ ケレタロ、エレクロトニカ クラリオンの3社が設立されている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集