商船三井、コンテナ船「エムオーエル モティベイター」が衝突事故…香港の南東海域で

船舶 企業動向

商船三井は、同社が運航するコンテナ船「エムオーエル モティベイター」(MOL MOTIVATOR)は、5月5日現地時間午前2時22分ごろ(日本時間午前3時22分ごろ)、香港の南東海域を航行中に、他船「Zhong Xing 2」と衝突した、と発表した。

エムオーエル モティベイターの損傷は極めて軽微であり、航行に支障はない。同船は中国の香港から塩田港に向けて航行中だった。

香港当局によると、相手船はその後沈没し、乗組員のうち1名が救助されたものの、いまだ残りの乗組員の救助活動が続いているという。

衝突に至る事実関係、および事故原因は関係当局により調査中だ。

今回の事故を起こしたエムオーエル モティベイターの船種は、6700個型コンテナ船で、全長302m、全幅43m。乗組員は、ロシア人他の計24人。船籍は、マーシャル諸島で、建造年は2011年となっている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集