米クライスラーグループ本社、社名表記を「FCA」に変更…フィアットと経営統合

自動車 ビジネス 企業動向

社名表記がFCAに変更された米クライスラーグループ本社
  • 社名表記がFCAに変更された米クライスラーグループ本社
米国の自動車大手、クライスラーグループ。同社の本社の社名表記が、改められた。

これは5月6日、米国ミシガン州アーバンヒルズでの出来事。クライスラーグループの本社の社名表記が、「クライスラー」から「FCA」に変わっている。

2014年1月、フィアットはクライスラーグループの全ての株式を取得し、完全子会社化が実現。これを受けて、両社は新しい社名として、「フィアット クライスラー オートモービルズ」を発表した。

FCAとは、フィアット クライスラー オートモービルズの3文字の頭文字。新生クライスラーグループをアピールする社名となる。

5月6日、米国ミシガン州アーバンヒルズのクライスラーグループの本社には、FCAの社名ロゴが、従来のクライスラーに代わって登場。FCAの文字のブルーは、フィアットが使ってきたコーポレートカラー。両社の経営統合を象徴している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集