インディゴが新たに4便就航で主要都市間の接続を後押し

エマージング・マーケット インド・南アジア

インド格安航空会社のインディゴが5月1日から、デリー-ムンバイ間、デリー-コルカタ間の直行便の運行を開始すると発表した。

現在インディゴは、78機のエアバス『A320』を利用して国内外36ヶ所間で毎日494便運行している。

同社の広報によれば、2013年から2014年初めにかけて、インディゴは主要都市間の直行便を増やし接続の改善を行って来た。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集