ワゴン車が道路横の川へ転落、4人が死傷

自動車 社会 社会

4月30日午後0時30分ごろ、岩手県岩泉町内の国道455号を走行していたワゴン車が路外に逸脱。道路と平行して流れる川へ転落する事故が起きた。この事故で同乗者1人が死亡。運転者を含む3人が重軽傷を負っている。

岩手県警・岩泉署によると、現場は岩泉町門付近で片側1車線の直線区間。ワゴン車は何らかの原因で路外に逸脱。ガードレールに衝突し、道路と平行して流れる川へ転落したものとみられる。

通行人が川へ没しているクルマを発見して警察に通報。クルマは横転した状態で川へ沈んでおり、後部座席へ同乗していた66歳の男性が下流600mの地点で発見されたが、収容先の病院で死亡。運転者を含む3人が重軽傷を負っている。

現場はクルマの進行方向に向かって下り坂。警察ではクルマがスリップしたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集