格安航空新ターミナル、2日にオープン…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

クアラルンプール新国際空港(KLIA)の新格安航空会社(LCC)専用ターミナル(KLIA2)が、5月2日深夜0時をもってオープンした。

最初の到着便はマリンド・エアのOD1027便で、同日午前0時10分に着陸。同便にはサバ州コタキナバルから110人が搭乗した。また最初の出発便はセブ・パシフィック・エアーのマニラ便で、到着が遅れたため約2時間遅れの午前3時15分に離陸した。

安全性に問題があるとして、KLIA2への移転を拒んでいた格安航空エアアジアは、9日から運航を開始する。8日までは格安ターミナル(LCCT)から運航を行う。エアアジアの子会社の格安ホテルのチューン・ホテルも「チューン・ホテル・KLIA2」を9日にオープンする。

2日にはKLIA2において空港モールがコンセプトの「ゲートウェイ@KLIA2」もオープンした。110店舗の飲食店や旅行用品店、薬局、本屋、ギフトショップなどが入店している。クアラルンプール(KL)とKL新国際空港(KLIA)を結ぶ高速鉄道エクスプレス・レール・リンク(ERL)も 乗入れを開始した。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品