JAL、Google Glassなどのウェアラブルデバイス用いた実証実験を開始…業務改善に活用

航空 企業動向

JAL、「Google Glass」などのウェアラブルデバイスを業務に活用する実証実験を開始
  • JAL、「Google Glass」などのウェアラブルデバイスを業務に活用する実証実験を開始
  • JAL、「Google Glass」などのウェアラブルデバイスを業務に活用する実証実験を開始
日本航空(JAL)と野村総合研究所は、5月1日から米国ホノルル空港で、「Google Glass」を始めとした、ウェアラブルデバイスを活用し、先進的な業務スタイルの追求を目的とした実証実験を開始した。

Google Glassは眼鏡型のディスプレイで、インターネットやコンピューターにアクセスできるウェアラブルデバイス。航空機の整備作業や貨物の搭降載作業を、効率的、確実に実施可能とするシステムの導入を目指し、眼鏡型のGoogle Glassなどを用いて、ホノルル空港での各業務の中で実証実験を行う。

Google Glassは現在、米国内でのみ試験運用を行っている段階で、実証実験も、米国内で実施する。

また、その他の頭や手などに装着するカメラやセンサーなどの小型装置であるウェアラブルデバイスの活用も検討する。

具体的には、ウェアラブルデバイスの持つ、カメラ機能や情報伝達機能を活かし、JAL本社スタッフが遠隔地にいる実務スタッフへの後方支援を行う。同時に、スタッフにハンズフリー環境を提供することで、現場作業の効率性の向上や負担軽減を図る。

野村総研は、企業と共同で新サービスの創出を目指す「NRI未来ガレージ」の一環として参画、実際の空港の現場に必要なユーザーインターフェースの最適化などを進め、JALの安全な運航管理業務とサービスの実現を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集