【ボルボ V40クロスカントリー T4 Nordic発表】クロスカントリーのFFモデルを導入した理由

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
  • ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
  • ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
  • ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
  • ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
  • ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
  • ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
  • ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
  • ボルボ・V40クロスカントリー T4 Nordic
ボルボ『V40クロスカントリー T4 Nordic』は、ボルボ・カー・ジャパンが200台限定で発売を開始したクルマだ。このパワートレインは、T4エンジンの前輪駆動で、日本に導入されているクロスカントリーでは唯一の前輪駆動モデルとなる。

本国には存在したこのモデルをこれまで日本導入しなかった理由について、ボルボ・カー・ジャパンマーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也さんは、V40シリーズのラインナップの性格の明確化にあったと話す。

「四駆は本国でもV40クロスカントリーにしか設定がないことから、まずメインをV40にして、そこからSUVテイストを求める人には四駆のクロスカントリー。よりスポーツ性を重視する方にはT5 Rデザインと、2つの選択肢というわかりやすい図式を作った」という。

「二駆のSUVスタイルのクロスカントリーにオポチュニティがあるのは当初からわかっていた」と岡田さん。しかし、「まずはこのわかりやすいラインナップで導入。そして、1年経った現在、クロスカントリーのT4エンジンFFという組み合わせがどのくらい受け入れられるのかという反応を見てみたいと導入した」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集