漫然進入で大型トラックと出会い頭衝突、乗用車の5人死傷

自動車 社会 社会

4月27日午前10時20分ごろ、栃木県栃木市内の県道を走行していた大型トラックと、市道から進入してきた乗用車が交差点で出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で乗用車側の5人が死傷。トラックの運転者も軽傷を負っている。

栃木県警・栃木署によると、現場は栃木市大平町富田付近で片側2車線。県道側には信号機が設置されているが、市道側には設置されていない。乗用車は一時停止を怠って県道へ進入したところ、左方向から交差進行してきた大型トラックと出会い頭に衝突した。

乗用車は衝突によって中破。後部座席に同乗していた75歳の女性が胸部強打でまもなく死亡。運転していた同市内に在住する84歳の男性と、他の同乗者3人が骨折や打撲などの重軽傷を負った。トラックを運転していた宇都宮市内に在住する47歳の男性も打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

警察では乗用車側の一時停止無視と漫然進入が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集