マレーシアの日産車販売代理店タンチョン、新型 シルフィ を発表

エマージング・マーケット 東南アジア

日産自動車の販売代理店、エダラン・タンチョン・モーター(ETCM)は4月29日、新型『シルフィ』を発表した。今年は5500台の販売を見込んでいる。

ETCMは、シルフィが同社の年間販売目標である5万5000台の10%を占めると見込んでいる。

「シルフィ」は排気量1.8リットル。6つのエアバッグ、ビークル・ダイナミクス・コントロール(VDC)、トラクション・コントロール・システムなどが搭載されており安全性の高さが特徴となっている。「1.8E」と「1.8VL」の2バージョンからなり、保険なしの価格は「1.8E」が11万1900リンギ、「1.8VL」が12万1900リンギとなっている。

広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集