ポルシェの第1四半期決算、営業利益は22%増

自動車 ビジネス 企業動向
ポルシェの主要ラインナップ
  • ポルシェの主要ラインナップ
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは4月29日、2014年第1四半期(1-3月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は前年同期比15%増の39億3000万ユーロ(約5565億円)。営業利益は6億9800万ユーロ(約988億円)で、前年同期に対して22%増となった。

2014年第1四半期の世界新車販売は、過去最高の3万8663台。前年実績に対して、4.5%増と伸びた。車種別では、『カイエン』や『911』シリーズが牽引。また、モデルチェンジを受けた『ボクスター』と『ケイマン』も好調。『パナメーラ』は大幅改良モデル投入の効果で、伸びている

市場別では、米国が前年同期比5%増の1万0136台と好調。信用不安からの回復傾向を示す欧州(ドイツを除く)は、1.4%増の1万1491台と堅調だった。地元ドイツは、1.8%増の4881台。中国は11.8%増の9885台と、2桁の伸びを示す。

ポルシェのマティアス・ミューラー取締役会会長は、「2014年度、ポルシェの販売は、世界規模で再び上昇傾向にある。新型車のマカンの投入で、さらなる伸びが期待できる」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集