スイス車両メーカー、サンフランシスコBARTからディーゼルカー受注

鉄道 企業動向
スイスの車両メーカー、シュタッドラー・レールは、米サンフランシスコの都市鉄道BARTから、非電化の延伸路線用ディーゼルカー8編成を受注したと発表。画像はBART向けディーゼルカーのイメージ
  • スイスの車両メーカー、シュタッドラー・レールは、米サンフランシスコの都市鉄道BARTから、非電化の延伸路線用ディーゼルカー8編成を受注したと発表。画像はBART向けディーゼルカーのイメージ
  • サンフランシスコ・BARTの電車。BARTは軌間1676mmの電化路線だが、延伸路線「eBART」は非電化、軌間1435mmで建設されている
スイスの鉄道車両メーカー、シュタッドラー・レール(Stadler Rail)はこのほど、米サンフランシスコ湾岸地区の都市鉄道を運営するBART(バート)から、延伸路線「eBART」で使用するディーゼルカー8編成を受注したと発表した。受注額は約5800万米ドル(約59.4億円)。

「eBART」は、バートのサンフランシスコ国際空港~ピッツバーグ線の終点、ピッツバーグ/ベイポイント駅から延びる約9.5マイル(約15km)の新路線プロジェクト。バートは2本のレール幅(軌間)が1676mmで第三軌条集電・直流1000Vの電化路線だが、eBARTはコストを抑えるため非電化路線とされ、軌間もバートとは異なる1435mmで建設されている。線路はハイウェイ4号線の拡幅計画にあわせて道路の中央分離帯に設けられ、バートとの接続駅では同一ホーム上で乗り換えが可能になる予定だ。

シュタッドラーが受注した車両は、同社の連接式低床ディーゼルカーシリーズ「GTW」の3車体連接タイプ「GTW2/6」で、中間の短い車体に動力機構を集約した構造が特徴。同型車はヨーロッパ各地のほか、アメリカでもテキサス州の2地区やニュージャージー州で使用されている。車両は同社のスイス工場で製造する。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース