【バリアフリー14】ホンダ、歩行アシスト装置を展示…ASIMOのロボット技術を応用

自動車 ビジネス 企業動向
歩行アシスト装置
  • 歩行アシスト装置
  • 歩行アシスト装置
  • 歩行アシスト装置
  • 歩行アシスト装置
  • 歩行アシスト装置
  • 歩行アシスト装置
  • 歩行アシスト装置
  • 歩行アシスト装置
4月17日~19日に大阪市のインテックス大阪で開催されたバリアフリー14で、ホンダは歩行が困難な人を補助する歩行アシスト装置を展示した。

この歩行アシスト装置は、『ASIMO』のロボット技術を応用して本田技術研究所が開発した。装着した状態で腰の部分に制御コンピュータとリチウムイオン電池が収納されており、1充電でおおよそ60分程度の使用ができる。左右の股関節の部分にモーターがあり、モーターから弾性のある太股フレームがのびて左右の膝上部分で太股に結びつける構造になっている。装置全体の重量は約2.6kg。

さっそく装着体験をさせてもらうと、1歩目・2歩目ではアシスト力を感じないが、数歩歩き出すと後ろから押されるようなアシスト力を感じる。アシスト力のON・OFFの巧みな制御により違和感を感じさせない。

説明員によると、「歩行が困難な人の感覚に合わせてアシスト力を設定している。1日歩いて、足が疲れてくるとアシストをハッキリと実感できる」「全国50か所程度の介護施設でモニターしてもらっている」という。

この装置は、あくまでも介護が目的のアシスト装置で、重量物運搬用や作業用のアシスト装置は別に開発中とのことだ。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダの歩行アシスト、介護予防効果を検証 画像 ホンダの歩行アシスト、介護予防効果を検証
  • パナソニック、ロボット技術を応用した介護機器の世界初となる国際規格取得を発表 画像 パナソニック、ロボット技術を応用した介護機器の世界初となる国際規格取得を発表
  • 介護ロボット市場、2020年度には349.8億円に拡大…矢野経済調べ 画像 介護ロボット市場、2020年度には349.8億円に拡大…矢野経済調べ
  • トヨタ、介護・医療支援向けパートナーロボットを開発 画像 トヨタ、介護・医療支援向けパートナーロボットを開発

特集