J-TREC横浜事業所、オールステンレス車生産8000両を達成

鉄道 企業動向
オールステンレス車両の生産累計8000両達成を機に行われた記念式典の様子(4月14日)。
  • オールステンレス車両の生産累計8000両達成を機に行われた記念式典の様子(4月14日)。
総合車両製作所(J-TREC)は4月14日、横浜事業所(横浜市金沢区)においてオールステンレス車両の生産累計が8000両に達したと発表した。

現在のJ-TREC横浜事業所は東急車輛製造時代の1962年、日本初のオールステンレス車である東京急行電鉄(東急)7000系を製造。その後も大幅な軽量化を図った「第2世代」、外観が平らになった「第3世代」のオールステンレス車を製造し、このほど生産累計が8000両に達した。

同社は今回の8000両達成を機に「新機軸を盛り込んだ当社次世代ステンレス車両『sustina』を発展・進化させることにより、ステンレス技術のトップランナーとして走り続け、安全で信頼性の高い製品の提供に努めてまいります」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • J-TREC、社章を制定…三つの「S」 画像 J-TREC、社章を制定…三つの「S」
  • JR東日本、新津車両製作所をJ-TRECに譲渡…車両製造部門を一元化 画像 JR東日本、新津車両製作所をJ-TRECに譲渡…車両製造部門を一元化
  • 【第3回鉄道技術展】J-TREC、ステンレス車「sustina」で新たなインテリアを提案 画像 【第3回鉄道技術展】J-TREC、ステンレス車「sustina」で新たなインテリアを提案
  • J-TREC、ウクライナとシンガポールの車両改造設計を受注 画像 J-TREC、ウクライナとシンガポールの車両改造設計を受注

特集