国際宇宙ステーション、NASAのMDM予備機が故障…船外活動で交換へ

宇宙 テクノロジー
国際宇宙ステーション(ISS)船外のS0(エスゼロ)トラスにあるコマンドを中継するNASA(米航空宇宙局)の装置「Multiplexer-Demultiplexer」(MDM)の予備機が故障していることが判明した。

MDMは、ISSの外部にある熱制御システムや太陽電池パドル回転機構(SARJ)、ISSのロボットアーム(SSRMS)の移動を支援するモービルトランスポータ(台車)などのシステムを動かすために必要なコマンドを中継する装置。主系のMDMは正常に稼働しており、ISSの運用に影響は出ていない。

ISSでは、故障した予備のMDMを交換するために、船外活動の準備を進めている。船外活動は早くとも4月22日頃になる予定。

また、ISSはリブースト(軌道上昇)を実施し、5月に予定されているソユーズ宇宙船の帰還と打上げに最適な高度に引き上げられた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ISSのクルー、「世界宇宙飛行の日」を記念してロシアのプーチン大統領と交信 画像 ISSのクルー、「世界宇宙飛行の日」を記念してロシアのプーチン大統領と交信
  • 国際宇宙ステーションISSにドッキング成功の55P、宇宙食や衣類、酸素を補給 画像 国際宇宙ステーションISSにドッキング成功の55P、宇宙食や衣類、酸素を補給
  • ISS「きぼう」日本実験棟、超小型衛星の放出を中止…異常を発見 画像 ISS「きぼう」日本実験棟、超小型衛星の放出を中止…異常を発見
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

おすすめのニュース