【AMAスーパークロス第13戦】スチュアート、絶好調を維持…450SXクラスの今季5勝目を獲得

モーターサイクル エンタメ・イベント
エドワード・ジョーンズ・ドーム
  • エドワード・ジョーンズ・ドーム
  • ジェームズ・スチュアートとライアン・ビロポトの競り合い
  • ジェームズ・スチュアート
AMAスーパークロス第13戦はエドワード・ジョーンズ・ドームに6万213人のファン達を集めて行われ、ヨシムラ・スズキのジェームズ・スチュアートが好調を維持して450SXクラスにおける3連勝を飾り、2014年度シーズン5勝目を手にした。

450SXクラスのメインイベントのスタートではスマートップ/モトコンセプツレーシングのマイク・アレッシがホールショットを奪うが、ディフェンディングチャンピオンであるモンスターエナジー・カワサキのライアン・ビロポトとスチュアートが接近して続き、その直後にビロポトはアレッシをパスして第10ラップまでトップを維持したがスチュアートに交わされ、このレースを2位でフィニッシュすることとなった。

スチュアートはこの勝利によってキャリア50勝目を記録し、今シーズンの450SXクラスでの最多勝を飾った。

「これは僕にとって特別な夜だ。僕にとっては大きな出来事だね。これらのレースで50勝できるとは決して考えていなかったからね」とスチャートは語った。

チームホンダ/マッスルミルクのジャスティン・バルシアは3位となって、今季3度目の表彰台に立つこととなった。

尚、AMAスーパークロス第14戦は、4月5日(土)にヒューストンのレリアント・スタジアムにて開催される予定である。

450SXクラス第13戦結果

1. ジェームズ・スチュアート(スズキ)
2. ライアン・ビロポト(カワサキ)
3. ジャスティン・バルシア(ホンダ)
4. ケン・ロクゼン(KTM)
5. トレイ・カナード(ホンダ)

450SXクラスシーズン累積ポイント

1. ライアン・ビロポト(カワサキ) ‐ 268
2. ライアン・ダンジー(KTM) ‐ 233
3. ジェームズ・スチュアート(スズキ) ‐ 232
4. ケン・ロクゼン(KTM) ‐ 215
5. ジャスティン・ブレイトン(ヤマハ) ‐ 196
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集