BMW の新型SUV、X4 …米国工場で生産開始

自動車 ビジネス 企業動向
米国サウスカロライナ州スパータンバーグ工場で生産が開始されたBMW X4
  • 米国サウスカロライナ州スパータンバーグ工場で生産が開始されたBMW X4
  • 米国サウスカロライナ州スパータンバーグ工場で生産が開始されたBMW X4
  • 米国サウスカロライナ州スパータンバーグ工場で生産が開始されたBMW X4
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは3月28日、米国サウスカロライナ州スパータンバーグ工場において、新型車の『X4』の生産を開始した。

X4はBMWのSUV、「Xシリーズ」に加わった新たなモデル。X4のコンセプトは、『X5』と『X6』の関係に似ている。X5のクーペ版がX6。これと同じ考え方で、『X3』のクーペバージョンとして開発されたのが、X4となる。

その外観デザインは、フロントバンパーの大型エアインテークやキャラクターラインをはじめ、X3よりもスポーティな性格が強調されているのが特徴。

3月28日、BMWグループは米国サウスカロライナ州スパータンバーグ工場において、X4の生産を開始。スパータンバーグ工場は1994年、BMW初の米国現地生産工場として稼働。累計生産台数は260万台を超えた。

同工場の20周年を祝うタイミングで、X4の量産第一号車がラインオフ。2013年、スパータンバーグ工場は29万7326台を生産。1日当たり1100台を組み立てている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集