横浜シーサイドライン1000形、5月に引退へ

鉄道 企業動向
シーサイドラインの開業時に導入された1000形。5月で引退することが決まった。
  • シーサイドラインの開業時に導入された1000形。5月で引退することが決まった。
  • 2011年から導入が始まった2000形。1000形の引退でシーサイドラインの車両は2000形に統一される。
横浜シーサイドラインの1000形車両が、5月で引退することが決まった。同月開催される「1000型車両サヨナラ乗車体験会」をもって、2000形への置き換えが完了する。

乗車体験会は5月17・24日に実施。開催時間は午前の部が10時10分~12時、午後の部が14時20分~16時10分で、各回とも100人募集する。参加費は3000円で乗車証明書とお土産付き。応募は郵便はがきで5月7日(消印有効)まで受け付ける。

1000形は横浜シーサイドラインが運営している金沢シーサイドラインの車両。1988年から1989年にかけて製造され、1989年7月5日の同線開業から運用されている。2011年からは新型車両の2000形の導入が始まり、老朽化した1000形の置き換えが順次進められていた。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 横浜シーサイドライン、1000形の運転体験会開催…3月 画像 横浜シーサイドライン、1000形の運転体験会開催…3月
  • 横浜シーサイドライン、引退間近の1000形撮影会…2014年1月 画像 横浜シーサイドライン、引退間近の1000形撮影会…2014年1月
  • 横浜シーサイドライン、社名変更と創立30周年の記念キャンペーン 画像 横浜シーサイドライン、社名変更と創立30周年の記念キャンペーン
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース