チャイルドシート固定方式「ISOFIX」、6割が知らない…タカタ調べ

自動車 テクノロジー 安全
ISOFIX固定方式のチャイルドシート
  • ISOFIX固定方式のチャイルドシート
  • チャイルドシート購入時に最も重視する点
  • チャイルドシートが正しく装着されているか不安に感じることはあるか?
  • ISOFIXを知っているか?
タカタは、「チャイルドシート」に関する意識・実態調査を実施。その結果を発表した。

調査は、直近1年以内にチャイルドシートを購入した男女480人と、今後半年以内にチャイルドシート購入予定の男女160人の合計640人を対象に、2013年10月15日から20日の期間、インターネット調査で行った。

「チャイルドシートの購入を検討し始めたのはいつ頃か?」という質問では、57%が「妊娠中」と答え、「出産後」(43%)を上回る結果となった。また「チャイルドシート購入時に最も重視する点」については、トップが「安全性」の53%。以下、「使い勝手(機能性)」(23%)、「価格」(11%)、「サイズ」(6%)、「評価・評判」(2%)と続いた。

警察庁とJAFの調査によると、チャイルドシートの誤装着は乳児用・幼児用合わせて63.9%に及ぶという。実際にチャイルドシートを使用している人に、「チャイルドシートが正しく装着されているか不安に感じることはあるか?」と質問すると、64%が「ある」と答えた。

さらに、簡単に確実な固定ができる「ISOFIX」について尋ねたところ、「確かに知っている」と答えた人は21%。「聞いたことがある」が20%で、59%は「知らない」と回答した。一方、「ISOFIX」の説明をした後に、「ISOFIX固定タイプのチャイルドシートを利用したいと思った」と答えた人は64%となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集